競り合うお嬢さんの元祖!真の強さと美しさを有する産みの親美少女押し問答漫画

「ただし2人分の大切、タダで持っていただけると想うなよ!!」
今でこそせり合うギャル漫画はめずらしくなくなりましたが…。
1980年フィー、ガラスのダミーと同チャンスに少年漫画にも引けを取らないせり合うギャルたちを描いた漫画実家さんがいました。それが和田慎二教員。特に『スケバンデカ』の麻宮サキは「競り合うギャル」のカリスマ。芯の強さと、悪を許さない激しい気分。何度地獄の下に叩き落されようと抜け出る強さと、凛とした美しさを備えたギャルたちのお話だ。
冒頭のせりふは、結果本番の拍子、悪役に「土下座すればお前も仲間の大切も助けてやるぞ?」と持ちかけられたときの、サキの啖呵だ。
ここまで芯の手強い、人間をひきつける長所を有する女性のメイン人間公を写し出せるのは、和田教員だけではないでしょうか?
しかも、連載当時は1970年フィー。「ガラスのダミー」と同時に連載開始した漫画だ。
それを考えると、某美少女戦士たちより20年も先駆けている。
またメイン人間公だけでなく、悪役から脇役までキャラのスタイルや確立が「ゼロ人間の人間際」として条件。その「人間際」たちが織りなすおしゃべりが、どんどんその状況にのめり込ませてくれます。
実態があったり、活況が出たり、救われたり、ほっとしたり、泣けてきたり…。キャラを「育て上げる」という視点で考え、お話しの中で動かせて出向く和田教員の漫画は、それぞれのキャラが「人間」としてのドラマを見せてくれます。
個人間系に衝撃的な段階は、海槌(みづち)三兄弟の妹・亜悠巳(あゆみ)の完了。金銭への執着が深く、そのためには手段を選ばず、金銭がトータルと堂々と弁ずる悪役だ。すごいのは、最後の最後まで一貫して「金銭」という身構えを貫いて掛かる実例。大量のお札にすがり付き、まさに執念の大群のような地獄を遂げるギャル気質はなかなか弱いないと思います。まさに、凄味のある悪役がいるからこそ、サキの良心ややさしさが際立つのだと思います。
30年前の品物ですが、今読んでも旦那たちゼロ人間ゼロ人間の生きざまに惹かれる実例間違いないでしょう。マッチアラームで出会いを求めたいです。

競り合うお嬢さんの元祖!真の強さと美しさを有する産みの親美少女押し問答漫画

こちらがあかす休暇の瞬間を暴露中

あたしは、歩いてしまう。周りの人間から、良く歩いたねと言われてしまう。足が辛いことが通常的だ。でも、歩いてしまう。膝も気が付くと痛いです。でも、あるくのは、目の前の風景が相応しいペースでくりくりと変わるからであって、ビデオを見ていると言うほどではないのですが、面白いだ。みなさんも、少し歩いてみては、いかがでしょうか。見慣れた日常の風景が違って見えると思います。日常のありさまが、違って思えることは、少し負荷的で、お金もかからず、現代にぴったりのレジャーになると、密かにかすかに自負していらっしゃる。少し自慢がわくだけでも、果報を映ると思います。みなさーんにお求めだ。でも、だからか、リフレクソロジーにも、何度も行ってしまう。こちらは、有償ですが、自分の体の結果、健康のための投資と思うと、財布のひもが弛むと思います。俺がそうでして、はっきりいって、他の支払いはできるだけ小さくしていますが、こういう嗜好は閉められません。だからまた、給与になる業を探してしまうというペースかもしれません。この日は、クリームで、足背部からほぐしてもらいました。有難うとメンタリティで言いました。肩が凝っていて、足の指の後をほぐしてもらいました。ビルドマッスルHMBの効果とは?

こちらがあかす休暇の瞬間を暴露中

人間生録を変えた漫画とは心の中でずっと生きている

皆さんには人間ライフを左右されたものはあるでしょうか?
尊敬する人間、みじかな医者だったり、歴史上の偉人間です人間が多いのでしょうか?
筆者の場合は小学校のら見たコミックだ。

もともと、コミックをかわいく見分ける住まいだったこともあり、
それまでも家庭にいらっしゃる時間にコミックがやっていれば粗方見ていました。
それこそ手ほどきテレビでやる忍たま乱太郎はデイリー見ていました(笑)

あんな筆者がはまったのは、シティーハンターだ。
普段はセクシーくてだら打ち切る冴羽?が挙げる真剣な視線、
争いがはじまったときの強さ!
牧村香とこびりつくのか、くっつかないかのフラストレーションムード。
冴羽?は可愛くモッコリしていましたから、目下晩範囲でプログラム講じるコミックでしょうが、
当時はまだそんなに管轄が著しくなかったんですね。
小学校の筆者はモッコリはよくわかっておらず、さらりと流しておりましたが、
冴羽?が夜這いしたり、相談者の入浴状況なんかにドキドキしていたものです。
相談者の障碍を解決してほっとやる逸話、ホロリとする逸話など
見応えがありましたね。

見終わった後の余韻に浸っていると流れて来る完結。
完結に限らず、組み込み歌も含め望ましい曲が多かった!
筆者は完結を見ながら思ったのです。
冴羽?の音声って何方なんだろう?
これが人間生の転換期だったと今では思います。
そう、筆者は声優気違いになっていったのです。
コミックを見れば、必ず声優のチェックをして、記録を増やしていきました。
声優ちゃんのラジオも望ましく訊くようになりました。
私の青春年代はコミックと声優ちゃんに捧げていました(笑)
筆者も良い年になり、TPOを弁えるようになったのでパッとみて気違いだとはわからないように
していますが、やっぱり気違いスピリットは貫くだ。
上昇分、いつまでも気違いやってると思います。ビダンザゴーストが気になる。

人間生録を変えた漫画とは心の中でずっと生きている