長く付き合っている友人が倖せになって欲しいです。

学生時代からの友人は30代から付き合っている男性がいます。その男性は私の小学校からの幼なじみです。友人はお互いに高齢なお母さんがいて結婚という形をとりませんでした。互いに親を見送ってから一緒になろうと約束したようなのです。50代になり彼女の方のお母さんが昨年亡くなりました。彼女は一人きりになりマンションで暮らしています。寂しい事もあり我が家に泊まりにくる事が多くなりました。一緒にショッピングセンターに買い物に出かけた時にジュエリーショップに入り「自分にご褒美の指輪を買いたいんだよね」と指輪をはめて見せてくれました。指輪をはめた指は左手の薬指でした。やはり結婚願望があるんだなと胸が熱くなりました。私は下の息子の為に朝5時に弁当を作り、洗濯物に追われ指は荒れ放題で指輪に全く興味がないのです。でも彼女は指輪を左手の薬指に付けて笑いながら見せてくれます。『その指輪はヤツに買って貰え』と心の中で叫びました。「他のお店も見てみよう」と誘って出てきましたが切ないなと思いました。
恋愛は人それぞれです。友人の二人は仲良しで週末は良く遊びに出かけているようです。互いに住んでいる所は少し離れていますがそれでも長く付きあってきたのはお互いに惹かれ合っているのだと思います。約束を交わした当時と現在では仕事の立場や生活環境が違うと思います。そんな事にへこたれず、いつかの日か二人が幸せになって欲しいと思っています。
二重になる方法について

長く付き合っている友人が倖せになって欲しいです。