電子コミックの良し悪し

電子コミックがまだ出始めだった頃、初めて目にした時には驚きました。まだ操作性などもイマイチで、今よりもだいぶ見づらかったのですが、それでもパソコンや携帯の画面上に漫画のコマが出てきてそれを目で追うというシステムは衝撃だったのです。
ただ、今のような盛況ぶりは到底想像出来ませんでした…まさか世の中にこんなに電子コミックの需要があるとは、という感じです。

便利は便利、この上なく便利だと思います。だってどんなに深夜でも、読みたいと思った時にササッと探して、見つけたらその場ですぐ読めるんですから。本屋さんまで行くことも、ネットショップから届くのを待つこともなく、即行で読みたい欲求を満たせるのは最高の利点だと思います。
最近は以前と違って、ラインナップが古い作品ばかりとかいう残念なこともなく、なんなら新刊だって少し待てば取り扱いが始まります。とにかく、とりあえず読みたい!という場合は本当にありがたい存在です。

ただし、読めれば何でもいい…わけではない人間もいます。もしくは、普段は読めれば何でもいいと思っている人でも、自分にとって特別な作品があればそれは例外かも知れない。やはり、じっくり読みたいと思う作品は、電子コミックではどうしても味気ないのです。
どうせお金を出すのなら、ちゃんと定価で買って手元に置いておきたいと思う人もいます。電子コミックだって保存は出来るけれど、そこはどうしたって機械ありきなので心もとない。ひとたび何らかのトラブルが起こってしまえば見られないし、下手をしたらデータが失われる可能性もあります。
一度本を買えば、そんなリスクを負うこともなく読めるし、そしていつまでも何度だって読み返せるのです。さらに、本自体に対してこだわりのある人は、やはりたとえ漫画であっても指でページをめくるという行為自体が好きだというケースも多いです。
こだわって読みたい派にはなかなか普及しにくい面もあるかも知れません。

ただ!これは電子コミックで一番の利点だと思うのですが、多くの場合無料の試し読み機能がついていること、これは本当にありがたいです。
特に、読んでみたいけど、初めて知った漫画家さんの作品だし買おうかどうか迷っている…といったような場合には最適。たとえ試し読みが冒頭部分だけだとしても、絵柄や全体の雰囲気を探るには十分。いい物差しになるのです。

使い方次第、利用する人次第で満足度も大きく変わる、そういった多様性も含めての現在の人気なのでしょうね。

電子コミックの良し悪し