ムービーを劇場で見極めるならデラックスアクションフォトを友達と観てみた

写真をDVDで家庭で見分ける人間は多いと思います。私もそのゼロ人間だ。近年はテレビも広範化しメロディーもよくなりステレオ構造も付いているので容量を高めると相当なすさまじさになります。
しかし劇場(写真館)にはかないません。わたくしが劇場で見分けるのは度晴晴ムーブメント写真だ。前なら『007関連』最近ではブルース・ウイルスの『ダイ・ハード』関連やジェイソン・ステイサムの『アドレナリン』関連などだ。その他にもCGを駆使したムーブメント大作など色々あります。到底人間間では不可なムーブメント現実が写真のしている時では次から次へと流れます。大スクリーンスクリーンと大容量サラウンドに圧倒され、本物にしか見えないCG現実。異程度のワールドに引き込まれます。まさに自分がヒーローになった気分だ。これぞ写真という熱意と感動です。
写真が終わって外に出ると何か急に真実人前の戻ったような気分になるのが大好きです。家に帰り着きTVを見ると、なんかショボいなあ!と察するのも好きです。これはやっぱり劇場で度すさまじさの写真を見たからこうなるのです。実際普通のドラマ写真や夢物語やSFやホラー写真ではこういう気分は味わえません。
このように家で見極める写真と劇場で見分ける写真と分系してみるのも楽しいものです。
そんな事をしているから私はいつまでたっても童貞のままなんだと思います(笑)
早く可愛い彼女を見つけて童貞捨てたいと思っています。
誰か僕の師匠となって恋愛の指導をお願いしたいのですが、どなたかいませんでしょうか(笑)?
とりあえず色々な人と話したり、飲みに行ったりして勉強してみたいと思います。

ムービーを劇場で見極めるならデラックスアクションフォトを友達と観てみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です