電子コミックの良し悪し

電子コミックがまだ出始めだった頃、初めて目にした時には驚きました。まだ操作性などもイマイチで、今よりもだいぶ見づらかったのですが、それでもパソコンや携帯の画面上に漫画のコマが出てきてそれを目で追うというシステムは衝撃だったのです。
ただ、今のような盛況ぶりは到底想像出来ませんでした…まさか世の中にこんなに電子コミックの需要があるとは、という感じです。

便利は便利、この上なく便利だと思います。だってどんなに深夜でも、読みたいと思った時にササッと探して、見つけたらその場ですぐ読めるんですから。本屋さんまで行くことも、ネットショップから届くのを待つこともなく、即行で読みたい欲求を満たせるのは最高の利点だと思います。
最近は以前と違って、ラインナップが古い作品ばかりとかいう残念なこともなく、なんなら新刊だって少し待てば取り扱いが始まります。とにかく、とりあえず読みたい!という場合は本当にありがたい存在です。

ただし、読めれば何でもいい…わけではない人間もいます。もしくは、普段は読めれば何でもいいと思っている人でも、自分にとって特別な作品があればそれは例外かも知れない。やはり、じっくり読みたいと思う作品は、電子コミックではどうしても味気ないのです。
どうせお金を出すのなら、ちゃんと定価で買って手元に置いておきたいと思う人もいます。電子コミックだって保存は出来るけれど、そこはどうしたって機械ありきなので心もとない。ひとたび何らかのトラブルが起こってしまえば見られないし、下手をしたらデータが失われる可能性もあります。
一度本を買えば、そんなリスクを負うこともなく読めるし、そしていつまでも何度だって読み返せるのです。さらに、本自体に対してこだわりのある人は、やはりたとえ漫画であっても指でページをめくるという行為自体が好きだというケースも多いです。
こだわって読みたい派にはなかなか普及しにくい面もあるかも知れません。

ただ!これは電子コミックで一番の利点だと思うのですが、多くの場合無料の試し読み機能がついていること、これは本当にありがたいです。
特に、読んでみたいけど、初めて知った漫画家さんの作品だし買おうかどうか迷っている…といったような場合には最適。たとえ試し読みが冒頭部分だけだとしても、絵柄や全体の雰囲気を探るには十分。いい物差しになるのです。

使い方次第、利用する人次第で満足度も大きく変わる、そういった多様性も含めての現在の人気なのでしょうね。

修学旅行は怒られるのもいい思い出

俺得修学旅行の思い出といえば、友達との泊まりの旅行だけあって、夜わいわい騒ぐのが楽しかったです。
女の子同士、恋愛の話などをして過ごしていました。
ホテルでの宿泊でしたが、廊下の東側半分が女子部屋、西側半分が男子部屋という振り分けでした。
やはり間には先生たちの部屋がいくつかあり、さらに夜になると廊下には先生たちが交代でずっと見張っていました。
こうなると、逆に反抗して「男子部屋に行こう!」と思ってしまうのが思春期ですよね。
先生のいる廊下が使えないと分かった私たちは、作戦会議。
窓はロックがかかっており、10センチほどしか開かない造りになっていました。
よく見てみると、左右の窓を開ける順番を上手くすることでロック解除!
私たちはテラスをつたって、仲のいい男子の部屋まで辿り着きました。
窓をノックすると、びっくりしている男子たち。
まさか窓から出れるとは思っていなかったみたいです。
こういうところは女子のほうが悪知恵が働くんですかね。
この「こっそり感」がみんな楽しくて、ゲームをしたりして騒いでいました。
しばらくして気配を感じて振り向くと、そこには激怒した先生が立っていました・・・。
しかも学年で1番怖い先生が。
男子たち、鍵をかけていなかったようで、騒ぎ声が聞こえた先生がそっと部屋に入ってきたみたいです・・・。
それぞれ自分たちの部屋の前で、仲良く並んで正座させられました。
こんなことも、今となっては楽しい思い出です。
出来る事なら高校生とかで破廉恥な事を行いたかったですね(笑)
お互いに身体も完成されていて、エッチしてしまったら大興奮すると思います。
それをうまくコミックとして描いてくれたのがこの俺得修学旅行です。
是非とも面白いので読んでみてください。

参考サイト:俺得修学旅行

俺得修学旅行

中学3年の4月に、弟が中学校に入学するタイミングに合わせて、実家が同じ市内の西地区から東地区に引っ越しました。そのため転校を余儀なくされました。5月に東京方面への俺得修学旅行が決まっていたため、すでに中学2年の時に旅行でのグループ行動の班分けも済んでいました。良いのか悪いのか、たまたま私が入ったクラスに3月末で別の学校へ転校した女子がいたので、彼女の班にそのまま入ることになりました。
4月下旬にグループ行動の計画を班で話し合って決めることになり、初めてグループの人と話しました。東京都内の山手線沿線で行動範囲を決め、一箇所だけ社会科見学できる場所を選択すれば、あとは自由行動とのことです。俺得修学旅行が終わった後に、見学した場所での体験や感想をレポートにまとめることになっています。他のグループは日本銀行や国会議事堂等の有名な所を選んでいたのですが、私達の班は班長の独断で渋谷区内の施設で選ぶことになり、「たばこと塩の博物館」という中学生がなかなか選ばなそうな所に行くことに決定しました。中学生でたばこや塩の歴史等に興味があるなんて、東地区の中学生は考え方が渋いなと思っていましたが、そんなわけありませんよね。
俺得修学旅行のグループ行動の日、一番先にたばこと塩の博物館に行くことになっていました。池袋から電車移動だったのですが、通勤時間帯とも重なり、電車内はかなり混雑していました。慣れない電車で降り口付近に制服でよろけながら乗っていたのですが、次の駅で降りるおじさんにドアが開いた途端、邪魔だと言われ、思いっきりホームへ押されました。田舎者が都会人に受けた最初の洗礼でした。落ち込んだまま博物館へ着き、中へ入ってパンフレットをもらおうとしていると、班長に「あんたそれもらってレポート書く係ね。」と言われました。レポートを書くためにも、せっかく来たのですから館内をゆっくり見たかったのですが、班長と他の班員はどんどん展示も見ずに先に進み、滞在時間わずか3分。博物館見学終了です。
自由時間の残り時間もまだ3時間以上もあるのに急ぐ理由がわからなかったのですが、原宿に向かうとのことでついて行くしかなく、原宿駅へ行きました。駅付近で別のクラスの班長の友達と合流し、向かったのは竹下通りの占いのお店です。恋愛の相談がしたかったらしく、占いに全く興味がなかったのですが便乗して占ってもらうことになりました。その後、班長に「走るよ!」と言われ向かった先にはアニメグッズの専門店。アニメが全くわからない私にはつらい場所でした。しかも、昼食を抜いてそのお店に1時間半滞在したのです。
ただでさえ、よく知らない仲間と俺得修学旅行に行くことはつらかったのですが、それ以上にグループ行動は散々で、お腹は空くしとにかく疲れたという印象です。転校生の俺得修学旅行はつらいものがあります。

 

動画配信サービスの魅力

「何か面白い番組がないかな?」とリモコン片手にテレビをつけるけれど、その時の気分に合う番組は特になかった。
「見たい番組の録画を忘れてしまった。もうあの番組は見れないのかな?」「レンタルビデオショップで借りたい映画がない」
こんな経験、皆さん一度はあるのではないでしょうか。
見たいものを好きな時に好きなだけ見られたら、というニーズにマッチしたサービスが現在広がっています。

 

Hulu、U-NEXT、Gyao!などといった動画配信サービスです。

 

月々決まった額を支払うことで国内外ドラマから音楽まで、何万本もの映画やドラマなどの動画を好きなだけ視聴できるというものです。
圧倒的なコンテンツ量にも関わらず、それを利用する料金の安さには驚かされます。
なんと月500円位のものからあり、近くのレンタルビデオ店でレンタルすることを考えればこれはかなり割安ではないでしょうか。
さらに視聴方法はPCからだけにはとどまらず、TVやスマホ、ゲーム機といったマルチメディアに展開されています。
そのため視聴する場所を選ぶことなく、外出先であっても気軽に視聴できます。

 

いつでも好きな時に、好きな場所で、好きなだけ。
この利便性の高さは大きな魅力だといえるでしょう。

 

サービスの提供元もたくさんあり、それぞれに特色があります。
例えば、Yahoo!JAPANが運営している「GYAO!」。有料の動画はもとより、こちらでは無料作品が豊富にあるところが魅力です。
「NHKオンデマンド」ではNHKで放送された番組を視聴することができます。これで見逃した番組を見ることもできます。
「バンダイチャンネル」はアニメ・特撮に特化して動画を配信しています。
「Hulu」のHuluキッズのように、子ども向けのコンテンツを用意しているところもあります。
動画配信サービスは、それぞれ無料お試し期間を設けているところが多いので色々試してみてお気に入りを見つけるのも面白いですね。

 

 

電車に揺られながら出社するいつもの時間。お気に入りの動画や気になっていたドラマの続きを見ながら過ごす。
友達と一緒に見て話のネタにしたり、ひとりでゆったり楽しむのもいい。
動画配信サービスは普段の生活にまた新しい側面を与えてくれるでしょう。

 

今後も動画配信サービスから目が離せません!